先輩社員の一日(山崎祐一)

先輩社員の一日(山崎祐一)

Q1.現在、どのような仕事をしていますか?

本社での勤務が多いのですが、まずは倉庫の整理をしていきながら商品や機材の知識を勉強しているところです。 

また、週に1~2回程度、先輩や上司の方と一緒に現場に行くこともあるのですが、先輩達が進めていく現場の管理をサポートしていきながら、現場管理の方法や工事の進め方を学んでいるところです。

 今の僕は、「チームバチスタで、難しい手術でチカラを発揮すべく、優秀な助手を目指して日々奮闘する若手ドクター」といった感じでしょうか。

Q2.なぜ、産業サービス販売という会社に入社したのですか?

昔から、「仕事をするなら技術職だ!」と考えていました。

技術の世界に入ることで、僕自身が多くの技術を習得することが出来ることは勿論、多くの自信を身につけることができると感じています。

産業サービス販売では、僕たち社員に「資格の取得」に向けたサポートをしてくれています。先輩や上司の皆さんが、資格取得に向けていろいろとアドバイスしてくれることも心強いですね。

僕も、自分自身の将来の為に、資格は積極的に取得しておきたいと考えていますので、会社のサポート体制は、とてもありがたいと感じています。

資格や技術、そして経験を積み重ねていくことで「素晴らしいモノヅクリが出来る人間」になりたいと思います。

ひとつの物事を突き詰めていき、予算や効率を考えながらも、“美しいより良いもの”を創りたいと思います。

Q3.産業サービス販売の魅力は何ですか?

とにかく先輩社員の皆さんの「仕事に対する姿勢」が凄いんです。 とにかくどんな現場でも、どんな仕事でも真剣勝負って感じです。だからといって現場の雰囲気は「とてもいい感じ」なんです。「いい感じ」に緊張感と活気があるんです。入社当時は、圧倒されるばかりだったのですが、いろんな経験をさせて頂き、今では、自分自身も少し先輩達に近づけたような気がします。 
「おい!まだ早いぞ!」って先輩達の声が聞こえてきそうですが・・・。(笑)
とにかく今は、早く一人前の現場監督になって、現場を任されるようになりたい。
任された現場をしっかりとやり上げ、多くの方々の信頼を勝ち取れる人になりたいと思います。

2015年度新卒者求人情報
先輩社員の一日(山崎祐一)
先輩社員の一日(高野徹也)
産業サービス販売で働くということ